お土産にもおすすめ!国連も認めるスーパーフードのモリンガが買える場所【最新版】

こんにちは!セブ島特派員のヤマトです。

帰国の日が近づいてくると、やはりお土産が買いたくなってきますよね。

しかし、そこでこのような感想を抱いた方は少なくないのではないのでしょうか。

 

「あれ?フィリピン、お土産になるもの少なくない??」

 

短期滞在はもちろん、長期滞在の方でも、お土産が買えないのは死活問題。

ちょっとしたお菓子を買った日には

「あれ?フィリピンに行ってきたんだよね?」という反応をされかねません!!

そこで、今回は巷で流行りのフィリピンの特産品、"モリンガ"をご紹介しましょう!!

フィリピンの特産品事情

フィリピンの特産品はあまり多くはありません。

有名どころではマンゴーやバナナ、マンゴスチンなどのフルーツ。しかしそれ以外はあまりなかったりします。

なにせドライマンゴーとバナナチップスくらいしか有名どころのお土産はありません。

だからこそ、お土産を買う時には多くの方は大変困ることでしょう。

 

しかも、そのドライマンゴーも結構お値段が高かったりします。

お土産に適しているサイズで100ペソ(200円)しますので、複数人に買って行くと案外厳しいです。(重量的にも)

 

そこで今回は特に家族や女性へのお土産に最適な健康に良いフィリピンの特産品、モリンガを紹介します!!

モリンガとは?

 

モリンガとは熱帯を中心に植生している植物です。フィリピンでは"マルンガイ"とも呼ばれます。

アジアではフィリピンとインドで多く見られると言われています。

アフリカのスーダンやケニア、南アメリカでも取れるそうです。
しかし、日本人でこの辺りの地域に行くことは滅多にありません。
つまり、実質インド・フィリピン固有のお土産と言っても差し支えないでしょう!

このモリンガが実はスゴイんです!!

 

国連の認めたスーパーフード

国連機関はモリンガを”スーパーフード”、”経済的に最も価値のある植物”と呼んでいます。

というのも、モリンガは実に100種類以上の栄養素を豊富に含んでいるのです!!

アメリカの論文では、
モリンガの葉にはオレンジの7倍以上のビタミンC、ニンジンの4倍のビタミンA、
牛乳の4倍のカルシウム、バナナの3倍のカリウムが含まれていると発表されています。

他にもアミノ酸、ビタミン、ミネラルを含み、カフェインを含まないため非常に健康に良いのです。

更には現代の日本人に不足しがちな鉄分はブロッコリーの8倍です。

政策で推進する国も!

モリンガは栄養素だけでなく、植生も多くの利点のある植物です、

他の植物の10倍以上の速度で急速に成長し、干ばつに強い植物と言われています。

栄養失調の人々がまだまだ存在するアフリカではモリンガの育成と接種を国家として推進している国もあります。

モリンガは葉っぱだけでなく、実や花、茎や根など全ての部分がこうした栄養素を持っています。

日本でもこうしたトレンドに乗っかり、続々販売され始めています。

 

痩せることができる!

人間に必要な栄養素をこれだけでほぼ賄うことができるので、食事を減らし、モリンガを飲めばカロリーを減らすことができます!

つまり痩せられるのです。

私もモリンガの存在はフィリピンに来てから知りましたが、モリンガハーブを始めとして、モリンガダイエットは日本で徐々に広まりつつあります。

 

どんなものにでも混ぜることができる!

特に一般的なタイプである粉末状のモリンガ茶はどんなものにでも混ぜられます。

飲み物だけでなく食べ物にも、混ぜて食べられますので極めて万能!

ダイエットを無理なく行っていくことができますね!!

 

ただし、モリンガの粉の味自体があまり良くないの組み合わせは色々試した方がいいでしょう。

表現しがたいのですが、緑茶の美味しい部分がなくなった感じです。

まずくはないのですが、少なくとも進んで飲みたいとはならない、なんとも言い難い味です。

 

どこでモリンガを購入できる?

そんなモリンガですが、最近ではフィリピンやインドでも案外入手しにくくなっています。

流行しすぎて品薄!?

とにかく流通が少なくなってきています。

私はガイサノカントリーモールで販売されているという記事を以前見かけ、早速購入しに行ったのですが、モリンガは一つも売っていませんでした。

一応、複数の香辛料を混ぜた飲料の “3 in 1“、”10 in 1”等の中にはモリンガも含まれているのですが、どうせモリンガ目当てならモリンガだけ欲しいですよね!!

 

カントリーモールにはよく立ち寄るのですが、一度だけ20パック入りのモリンガが売っていました。

しかし、しばらくたつとなくなっていました。

また、ラグンディー(lagundi)やマンゴスチン(Mangostin)の飲料はいつも置いてありますが、モリンガは滅多においてありません。

そこで今回はほぼ確実にモリンガが購入できる専門店をご紹介します!!

モリンガを確実に購入するには?

やってきたのはStreetscape mall(ストリートスケープモール)。

バニラッド市に位置し、高級富裕層住宅街Ma.Luisa(マリアルイサ)の入口にあります。

過去に紹介したセブ島最高級のジム、Fitness Nationはこのモールの施設の一つです。

Fitness nationのページはこちら

 

やってきたのはEco Store。主にオーガニック製品を扱っている店です。

日本ではありふれているジャンルですが、フィリピンでは外国人富裕層の多い地域ならではのお店です。

 

隣には今流行りのタピオカのお店もあります!!

 

モリンガの葉っぱ

モリンガの葉っぱは料理にもなります。

切って、鍋に入れて料理にできますので、料理好きの方にはおすすめです。

頻繁に料理する人へのお土産にはとてもいいでしょう。

単価は180ペソ。大体360円くらいなので個性派なお土産になります。

 

モリンガ茶

最もオーソドックスな粉形状のものは25oペソで販売されています。

こちらは他のお店で販売されている場合でも同じ価格ですので、相場だと思います。

飲み物はもちろん、様々な食べ物に混ぜられることが一番の魅力です!!

私は様々な組み合わせを試してきましたが、モリンガは元々緑茶に近い味ですので、緑茶に混ぜるのがおすすめです!

コーヒーも合うのですが、ココア等味が薄い飲料はモリンガの味が強く出すぎてしまい、あまり相性は良くありません。

 

パック型のモリンガ茶は150ペソで20パック入っています。

こちらのタイプは滅多に見かけませんが、お茶として飲む分には扱いやすいでしょう。

 

ということで今回はモリンガとモリンガを買える場所をご紹介しました!

ぜひみなさんも、モリンガを飲んで健康になりましょう!

特に女性や家族へのお土産におすすめです!!

おすすめの記事